なた豆歯磨き粉,効能,ランキング

なたまめは歯磨きとかお茶では耳にするけど他に食べ方ないの?

 

 

なたまめというと、イメージとしてはなた豆歯磨き粉、なたまめ茶やなた豆を使用したサプリなどが先行してイメージがあると思います。ただそれ以外になた豆をアレンジして作った料理はないのか?と思う人がいると思いますがもちろんあります。

 

 

例えばなた豆を使用した「炒め物、味噌漬け、パスタ、天ぷら、福神漬け、サラダetc」かなり豊富にアレンジ料理として使用することが可能な食材です。

 

 

ただ、なた豆の特徴として、蓄膿症、歯周病、歯槽膿漏、痔、腎臓の働きを高める、解毒作用、口臭予防etcなど多岐にわたり効能がとても高いため、薬草や漢方薬に近いような要素もあるように感じます。なたまめの最大の特徴としては植物の中で唯一なた豆にしか含まれない成分「コンカナバリンA」が含まれているのが非常に大きな特徴といえます。

 

 

 

このような特徴ある成分もしっかりと身体に浸透しないと意味がありませんが、コンカナバリンAの場合は熱にも強い耐性を持っているためそのまま熱を入れてもらっても効果は発揮されます。野菜などは比較的多く熱を40度以上加えてしまうと成分の効能を失ってしまうものが多いと言われていますが、その点は心配いりません。そして、コンカナバリンAでさらに驚くべき特徴として、この成分の働きが人間が持つ抗体と似た働きをしていると言われており、一説にはガンを抑える効果もあるのではと言われているぐらいです。その他にも免疫力を増加させる効能に繋がり、アレルギー症状にも効果が期待されているくらいです。それほど大きな可能性を秘めているのが”なた豆”という植物です。

 

 

 

その他にも亜鉛、鉄、マグネシウムなどもあり代謝の効果も高いといわれ代謝が高くなるということは、腎臓に良く便秘解消、むくみ解消などにも繋がるため女性にも優しい好まれやすい食物であると思われます。ただそんななた豆にも一つ注意点として食べ過ぎると副作用があると言われています。

 

 

 

その副作用とは老廃物を身体から出す働きが強いことから頭痛や下痢、吐き気を催す危険性があるため食べ過ぎにはご注意ください。ただ普通に1日1食食べる分には全然問題はないので、あまり気にしなくても良いです。このように”なた豆”の効能は非常に大きな可能性を秘めていますが、どちらかというとその効果の特徴として歯磨き粉やお茶として使用される方が最も効果を発揮しやすいと思いますので気になる人は当サイトの他のなたまめ特徴もお読みください。

 

 

 

 

>>なたまめ歯磨き。【なたまめ】の効果はなんと10種!
>>なたまめ歯磨き粉のランキングはコチラ