なたまめの副作用

なたまめの副作用

なたまめについての調査をしていたところ凄い効果と効能があることはわかりました。ただそのナタマメはホントに利点ばかりで悪い点もあるのではないか?と疑問を抱き調べました。はたしてなたまめの悪い点及び副作用の心配はないのかを書きましたのでどうぞご覧ください。

 

なたまめの種類

 

・たちなたまめ
・タカナタマメ
・白なたまめ
・赤なたまめ

 

 

上記の4種類があることがわかりました。そしてなたまめのそれぞれの特徴は以下のようになります。

 

たちなたまめとタカナタマメ
・一般的に毒性が強いと言われており、あまり使用してるところが少ない。豆自体が基本的に毒素は持っているのが普通。

 

白なたまめ
・お茶を例として赤なたまめと比べると、使用した際に灰汁が少ない
・赤なたまめより白なたまめの方が食用で使われるケースが多い
・赤なたなめと比べると毒性が少ないと言われているが、特に根拠はない(赤なたまめも製品の際除去はしているため)

 

赤なたまめ
・ポリフェノールが多く含まれていると言われている
・サポニン、コンカナバリンA、カナバニンという名称の毒素が多く含まれていて、多量に摂取すると下痢や腹痛、嘔吐
 などの「副作用」がでることが あると言われている。しかし、その反面でコンカナバリンAやカナバニンは漢方として
 使用されるケースが多い。

 

 カナバニン…膿を出す作用が特徴的で「口の中」の歯周病や蓄膿症などに効果が高く適している
 コンカナバリンA…ガンの増殖を抑制する働きがあるとされている。

 

ちなみに「コンカナバリンA」はなたまめにしかない成分ということで、非常に貴重な成分とされています。

 

なたまめの副作用のまとめ

 

なたまめの種類は4種類あるなかで上記の「赤なたまめ」と「白なたまめ」が商品として多く使われています。
一般的には

 

赤なたまめ…ハミガキ粉の商品
白なたまめ…お茶の商品

 

に使用されているケースが多く、成分表を対比するとかなり似ているのですが、微量に差はあり「用途」はそれぞれ
異なる模様です。
ただ、なたまめの効果はこれだけではなく、非常に今後も色々な成分が発表されていくでしょう。

 

なたまめのもの凄い効果⇒